緑茶のガイドライン!ルーツをたどってみて分かったお茶の味?

緑茶のガイドライン!ルーツをたどってみて分かったお茶の味 お茶

緑茶は、中国の歴史が古く、おおよそ5000年以上前から栽培され、飲用されているんですね。

以下に、緑茶の歴史の主なポイントを探ってみました。

緑茶の発祥の地

緑茶の発祥の地は、中国とされています。

伝説によれば、中国の神農氏が茶葉を最初に発見し、飲むことを始めたと記されています。

緑茶は中国で古くから栽培・製造されており、中国の詩や文学にも頻繁に登場しています。

618年から907年まで中国を支配した中国の王朝唐の時代に茶の文化が栄えたとあり、詩人や文人たちが茶の湯を楽しんだとされています。

960年から1279年まで中国を支配した王朝宋代には、緑茶の製法が進化し、『茶経』と呼ばれるお茶に関する書物が現れたそうです。

この時期には茶の栽培や製法に関する技術が高まり、それにつれて広く伝わったようで、このころから緑茶がますます一般的になったそうです。

1368年から1644年までの276年間、中国を支配した王朝である明代になると、緑茶はますます広く普及し、様々な品種が開発されたそうです。

明代のお茶文化は、茶道や茶会などが盛んになり、緑茶の重要性が高まったそう。

ここでいよいよ、われらが日本へお茶が伝わります。

日本へ伝来したお茶

緑茶は、中国から日本に伝わりました。

ただ、伝わった確かな時代は分かっていないといわれています。

日本からみたお茶の伝わった時代は、3つある以下の説。

・奈良時代説: 8世紀初頭に、遣唐使によって中国から茶の種子が持ち込まれたとする説。
・平安時代初期説: 9世紀初頭に、留学僧によって中国から茶の種子と茶の飲み方が持ち込まれたとする説。
・鎌倉時代説: 12世紀末に、栄西によって中国から茶の種子と点茶法が持ち込まれたとする説。

中国からみた時代は

・奈良時代説であれば、唐朝
・平安時代初期説であれば、唐朝
・鎌倉時代説であれば、宋朝

上記になるようです。

どの説が正しいのか現在のところ分かっていません。しかし、鎌倉時代説が最も有力とされています。

当時、日本では茶道が発展し、茶の湯の儀式が重視されるようになったそう。茶道の中で使用されるのは主に抹茶(濃茶)ですが、緑茶も日本で一般的に飲まれています。

緑茶はその歴史を通じて、中国を中心にアジア全体で栽培・製造・消費が広がり、文化や健康に対する重要な要素となったそうです。

当時のお茶の味とは?

お茶が日本に伝わった時の味を正確に知ることは難しいようですが、当時の中国の文献や日本の記録を調べると、以下のような推測ができました。

当時の中国のお茶

唐代では、お茶は薬として珍重されていたそうで、主に煎じて飲まれていました。つまり、薬草みたいな感じで飲まれていたと思われます。

また、茶葉は碾茶と呼ばれる粉末状に加工されたもので、塩や生姜などを加えて煮出して飲んでいたようです。完全に現在飲んでいるお茶と違い薬として飲んでいたのではないかと推測できますね。

日本に伝わった時の味

日本に伝わった当初のお茶も、中国同様に碾茶てんちゃを煎じて飲む方法が主流だったと考えられます。

味としては、現在の緑茶よりも苦味や渋味が強く、塩や生姜などの調味料で味を調えていた可能性が高そうです。お茶といえんわい!

その後のお茶の味

その後、鎌倉時代末期に※1栄西が宋から茶の種子を持ち帰り、点茶法を広めたことで、お茶の飲み方は大きく変化したそうです。

そのころは、茶葉を湯に溶かして飲む方法が主流となり、やっと薬草らしきお茶から脱皮して苦味や渋味が抑えられた、現在の緑茶に近い味になったと考えられます。

つまり、お茶が日本に伝わった当時の味は、現在の緑茶よりも苦味や渋味が強く、塩や生姜などの調味料で味を調えていた可能性が高いです。

その後、※2点茶法てんちゃほうの普及によって、お茶の飲み方は大きく変化し、現在の緑茶に近い味になったと考えられます。

※1栄西とは、1141年~1215年、鎌倉時代初期の僧侶。日本における臨済宗の開祖とされる人で、中国から茶の種子を持ち帰り、栽培と飲用を広めた功績があり、また※3臨済禅りんざいぜんを日本に伝え、建仁寺を開山したとも言われています。さらに、多くの弟子を育て、臨済禅の普及に努めたともあります。

※2点茶法は、抹茶を点てるための作法・手順のことを指します。茶道における重要な要素の一つで、茶の湯の精神を体現するもの。
※3臨済禅は、中国の唐代に興隆した禅宗の一派のこと。

禅宗の中でも、公案を用いた活発な問答や、師家による厳しい指導を特徴とすることで知られています。

その特徴には、以下の教えがあったと記されています。

・※4公案こうあん: 悟りの境地に至るための課題。理解を超えた直感的な理解を促す。
・※5かつ: 師家が弟子に悟りを与えるために用いる、厳しい言葉や行動を喝という。
・※6自力悟道じりきごどう: 自ら悟りを目指すことを重視。
・※7直指人心ちょくしにんしん: 仏の教えの本質を直接的に示すことを重視。

・※4公案は、禅宗における修行僧が悟りを開くための課題となる問答や問題のことを指します。
・※5は、声を発して人を叱りつけること。仏教では、修行僧を指導するために大声でどなること。
・※6自力悟道は、仏教の修行において、他者の助けを借りずに自らの力で悟りの境地に至ること指します。
・※7直指人心は、禅宗の言葉で、人の心の奥底にある仏性を直接見抜くことを意味します。

タイトルとURLをコピーしました